2018年05月31日

書類を運ぶだけの「伝書鳩」音を出すだけの「スピーカー」

商社である私たちには
商品を開発・製造する会社の方たちの声を
消費者に届ける役目がある。

その商品は、どのような思いで作られたのか、
その良さを丁寧に説明し、世の中に普及させる役割を担う。

さらに、消費者であるお客様の声を聴き、
フィードバックすることも重要な仕事。


その役目を果たすから、世の中から必要とされる。


間違っても、仕入先さんに言われた

「出来ない・やらない」を

そのままお客様に伝えることではない。
posted by AREX at 20:19| Comment(0) | 日記

2018年05月30日

会社が無くなっても、仕方ないと言えるか

忙しかったから


ご迷惑をおかけしたり

不愉快な思いをさせたり

受けた仕事を中途半端にしたり


この会社を信じ、私たちに任せて下さった人達を裏切る。


何百社もあるお客様のうちの2,3件だから平気か?

2億の売上があるから、どうってことないか?


日本は今後、2025年問題を迎える。

企業経営者だって高齢化を迎え、
後継者のいない、育たない多くの中小零細企業は
倒産・廃業に追い込まれていくだろう。

当社のお客様だけが無傷なんてことは、
絶対にありえない。

大切なお客様を失っても
仕方ないで済ますけど、

10年後、仕方ないで済むか?

一人一人の、一つ一つの仕事が
未来につながっているということを
忘れないでほしい。
posted by AREX at 20:17| Comment(0) | 日記

2018年05月29日

やり遂げる情熱があるか!

昨夜のテレビで観た「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」。

「やり遂げる情熱があるか」



「今できる最大限の努力をする」

この二つの言葉が、心に沁みた。


日ごろ「やり遂げる」って、出来るようで出来ていない。

やり遂げる前に、諦めていることのほうが多い。

反省。

6262.jpg

「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」
https://www4.nhk.or.jp/professional/x/2018-05-28/21/20755/1669495/
posted by AREX at 21:28| Comment(0) | 日記