2018年04月01日

アレックス新体制のお知らせ

新年度である4月1日より、当社では部長・課長と言った従来の役職を廃止いたします。
よって、アレックスに残る役職は、代表取締役社長のみとなります。

目的は、景気や世の中の変化に影響を受けることのない「強い協働体制」を作ることです。
それは、昔から存在する従来のピラミッド型の組織体系ではなく、
「やりたい仕事」や「やるべき仕事」を自発的にやりたい人が集まり、
それぞれが強みを発揮し前に進めることができる組織。
組織というより「チーム」というようなイメージ。

これによって、日常の上下関係はなくなり、プロジェクトごとに
自発的に生まれたリーダーが賛同してくれる仲間と共に事を進めていきます。

当社では既に、各々が得意とする事業の責任者となり、力を発揮してくれていますので、
早く定着させ、やる気のある人たちが、年齢・性別・経験年数に関係なく、
活躍できる職場にしていきたいと思います。

また、デメリットとして想定される「責任が曖昧になるのでは?」ということや、
「率先して何かをする人がいなかったら?」ということですが、全く迷いはありません。

前者は、今までもこれからも責任は代表取締約社長にありますし、後者の事が事実なら、
そんな会社は遅かれ早かれ、なくなるでしょう。

であるならば、私は挑戦します。動きます。変えていきます。

取引先の皆様、是非ご理解いただき、
この決断が正しかったかどうか、確かな目で見届けて下さい。

DSC_0114.JPG

目の前の現実と闘っても何も変えることはできない。
何かを変えたければ、今あるモデルが時代遅れになるような、
新しいモデルをつくるべきだ。

「リチャード・バックミンスター・フラー」

posted by AREX at 16:05| Comment(0) | 日記