2017年08月19日

「ねぇパパ〜。北海道新幹線って、海の中を走るの?」

夏休み旅行の計画中



「ねぇパパ〜。北海道新幹線って、海の中を走るの?」



という娘の質問に、知ったかぶりが出来ず・・・
少しだけ調べてみました。


まずは、「北海道新幹線スペシャルサイト」より
http://hokkaido-shinkansen.com/

outline_img_02.gif

北海道新幹線とは、新青森駅から新函館北斗駅までの区間を言うようです。




そして、謎であった「海の中?」は、

(ウィキペディア「青函トンネル」より)

Seikan_Tunnel_profile_diagram_svg.png


正解は、「海底」でした。


しかも驚いたのは、トンネルを掘るキッカケ。

かつて青森駅と函館駅を結ぶ鉄道連絡船として、日本国有鉄道(国鉄)により青函航路(青函連絡船)が運航されていた。しかし、1950年代には、朝鮮戦争によるものと見られる浮流機雷がしばしば津軽海峡に流入、また1954年(昭和29年)9月26日、台風接近下に誤った気象判断によって出航し、暴風雨の中、函館港外で遭難した洞爺丸他4隻の事故(洞爺丸事故)など、航路の安全が脅かされる事態が相次いで発生した。

だから「トンネルを作ろう」となったそうです・・・。
posted by AREX at 20:59| Comment(0) | 日記