2017年08月20日

根回しを学ぶ

木の剪定方法を学んでいたところ、

IMG_20170820_200528.jpg

「・・・ん?」



「根回し?」



以下、ウィキペディアより↓

根回し(ねまわし)とは、樹木を移植するに先立ち準備する一連の作業のこと。
転じて、物事を行う際に事前に関係者からの了承を得ておくこと(下打ち合わせや事前交渉などの段取り)を指す言葉ともなった。

樹木の移植に関する根回しの作業

成長した樹木を移植する場合、根系を傷めることから、活着できずに枯死したり生育不良に陥る場合が多い。これを避けるために、半年前から1年程度前に、根元近くの太い根を切断し、切断部周辺から活発な新しい根の生育を促す。新しい根は、水分や養分をより活発に吸収することから、移植先でも活着することが期待できる。根切りの部位は適切に判断しないと、移植する前に樹木が衰微することもあるので、慎重に行う必要がある。


Nemawashi.jpg

根回しって、やっぱり大事なんだねぇ〜
posted by AREX at 20:16| Comment(0) | 日記

2017年08月19日

「ねぇパパ〜。北海道新幹線って、海の中を走るの?」

夏休み旅行の計画中



「ねぇパパ〜。北海道新幹線って、海の中を走るの?」



という娘の質問に、知ったかぶりが出来ず・・・
少しだけ調べてみました。


まずは、「北海道新幹線スペシャルサイト」より
http://hokkaido-shinkansen.com/

outline_img_02.gif

北海道新幹線とは、新青森駅から新函館北斗駅までの区間を言うようです。




そして、謎であった「海の中?」は、

(ウィキペディア「青函トンネル」より)

Seikan_Tunnel_profile_diagram_svg.png


正解は、「海底」でした。


しかも驚いたのは、トンネルを掘るキッカケ。

かつて青森駅と函館駅を結ぶ鉄道連絡船として、日本国有鉄道(国鉄)により青函航路(青函連絡船)が運航されていた。しかし、1950年代には、朝鮮戦争によるものと見られる浮流機雷がしばしば津軽海峡に流入、また1954年(昭和29年)9月26日、台風接近下に誤った気象判断によって出航し、暴風雨の中、函館港外で遭難した洞爺丸他4隻の事故(洞爺丸事故)など、航路の安全が脅かされる事態が相次いで発生した。

だから「トンネルを作ろう」となったそうです・・・。
posted by AREX at 20:59| Comment(0) | 日記

2017年08月18日

勉強しない社会人は有り得ないけど

30歳過ぎて、「勉強になりました」って、寂しい・・・。


何のために、何を学んだのか?
それは今、どう生かされたのか?


『目的』は?


世の中、理屈が全てではないけれど、
「理論や考え」が全くないのは、ちょっと寂しい。

花6.jpg

花4.jpg

花3.jpg







posted by AREX at 23:29| Comment(0) | 日記